積極的営業活動をするフリーエンジニアの道

フリーエンジニアとして仕事をしていく基本の形は、企業等をクライアントとして仕事の依頼を受けてその要求に応えることによって、報酬を受けるというものです。
こういった仕組みは近年よく確立されてきており、独立して個人として起業することを考える人たちにも容易に参入できるようになってきました。
エージェントの活用によって仕事の獲得を容易にするシステムも確立されているため、企業に自己宣伝をして仕事を探しにいくという必要性も低くなってきています。

しかし、フリーエンジニアとして働く道は、仕事の請負人となるだけではありません。自ら独創的なシステムの考案や開発を行って、企業に売り込みにいくことも可能です。そのシステム案がクライアントの必要を満たすものであれば、その開発依頼を受けることが可能であり、予め企業から募集されている仕事に比べると高い報酬を期待することができます。
こういった営業活動をするスタイルをとることで、より独創性や発明力のあるエンジニアにとってはやりがいも収入もある道となるでしょう。

こういった道を選ぶためにはネットワークが重要となります。
見ず知らずのエンジニアの話を企業が突然聞いてくれるはずもなく、まず話を聞いてくれる人とのつながりを作ることが大切です。
独立するよりも前に、企業勤めをしながらネットワークをすると、その企業の後ろ盾を借りることができるため容易に行えるので、効果的につながりを作れるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です