より勉強が必要なフリーエンジニアの道

ネットワークエンジニアとしての素養を身につけ、それを基盤としてフリーエンジニアとしての道を歩む場合には他のスペシャリストと異なり、留意しなければならないことがあります。それは、常に最新の情報機器についての知識を得るということです。

ネットワーク構築を行う仕事の手順として、クライアントが必要とする内容についてのヒアリングを行った後、それを実現するためのハードの選定とそれを用いた構成を考えるというプロセスがあります。
システム構築の流れの比較的初期段階において必要となる機器を選ぶ場面があるため、候補にとして考慮できる機器の種類が多いほど、構築できるシステムの可能性が広まります。
また、その特性についての理解や具体的な導入例等についての情報を記憶しておくことによって、その使い方の幅も広がると期待できるでしょう。
そういった観点から、最新の機器についての理解や最近の導入事例等を詳しく勉強しておくことの重要性が高く、それが他者との差異をつけられる要素になるのです。

フリーエンジニアにとってスキルアップを行うための勉強に日々励むことは重要ですが、特にネットワークを専門とする場合にはハード面もソフト面も日々最新の情報について情報収集を怠らないことの重要性が高いことを認識し、習慣化することが必要です。そうすることによって現場で重宝されるフリーエンジニアとしての地位を獲得することができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です